FrontPage

このサイトは慶應通信生を応援するために作成されました。通信教育は孤独なものです。遠方に住んでいる・多忙である、新型コロナウイルスの影響など、様々な事情で学生間の交流が難しい場合もあるでしょう。本サイトがあなたの慶應通信ライフにお役に立てれば幸いです。ご一緒に頑張りましょう!

コンテンツ

すべてのページは誰でも自由に編集できます。慶應通信に在学している方、卒業生の方からの情報をお待ちしております。皆さんのお力で役に立つ情報を残していただきたいです。

最近の更新

行事予定

2021年度

昨年度との変更点

週末スクーリングは2020年度と同様、春期+秋期に。夏期スクーリングも2020年度と同様。例年3期のところ2期に。オリンピックを避ける目的。

2021年度も新型コロナウイルスの影響によりスクーリングはオンライン開催、10月までの科目試験は全て代替レポートとなりました。


  • 2021/11/15(月)13:00~より慶應IDがないとkcc-channel、kcc-Track、慶應通信e-Textを利用できなくなりました。必ずアクティベーションしてください。
  • 2021年10月(75期秋)入学より、手書きでの出願に加えてインターネット出願が可能になりました。
  • 2022年4月以降の入学出願生からは、今まで行われていた手書きでの出願は廃止(郵送での出願は不可)となり、全てWeb上での出願登録必須になることが大学から公式に発表されています(書類に関しては出願後郵送で送ることになります)。よって、パソコンが使えない環境だと慶應通信での学習はおろか、出願すること自体が認められませんので、パソコンの入手とインターネット環境を整えてから出願してください。https://speed.rbbtoday.com/news/article/71683の通学課程の影響を受けた模様です。

行事

  • (開催中)2021/10/01(金)~2022/01/17(月) 夜間スクーリング オンライン
  • (配信中)2021/11/12(金)~2022/02/28(月) 秋期オリエンテーション動画配信
  • 2022/01/15(土), 16(日) 第Ⅳ回科目試験
    • 通常試験に戻ります!!
    • 2020年1月試験以来、2年ぶり
      • 「第IV回科目試験 COVID-19などに伴う特別措置」に事前申請または緊急申請し、申請が許可された者は特別措置あり。
      • コロナ感染者拡大を受けて2022/1/13(木)にEスクーリング、放送授業の受講者に関しては、自己判断による科目試験欠席者に対しても救済措置があると発表された。(救済措置の詳細は1/18(火)以降発表予定。)
      • それ以外の科目試験については自己判断での欠席者に対する救済措置はない模様。
      • なお、Eスク、放送授業の科目試験のみ休んで他の科目の科目試験を受けた場合はEスク、放送授業に対する救済措置は受けられないという非公式情報(噂)あり。
      • 救済措置の内容、条件、成績評価方法が科目試験日時点では不明なので、救済措置が試験代替レポートだろうと勝手に推測して安易に休むのは危険かもしれない。
    • 試験後は速やかに帰ることとあるため(11月、1月NLより)講演会等はない
  • 2022/02月中旬ごろ 夜間スクーリング成績発表
  • 2022/02月下旬ごろ 第Ⅳ回科目試験成績発表

2022年度

昨年度との変更点

  • 学費が大幅増額。新入生は初年度13万→20万、2年目以降10万→17万、配本終了後6万→17万に。(また2026年度からスクーリングは1単位当たり5,000円→6,000円と20%増額予定、Eスクは1科目20,000円→25,000円と25%増額予定。)
    • 増額の理由として大学側が公式ホームページで挙げているのが、(簡潔に言うと)オンライン拡充とIT化に伴う学習環境整備のためである。
    • 今までが安すぎたと考えることもできるが、慶應通信の魅力の一つである授業料の安さは失われる。
    • 特に配本終了後の増額がきつく、長期間在籍することが前提の場合に負担が大幅に増える。例えば普通課程卒業までに5年以上かかると学費が100万円を超える(改訂前なら50万円程度で卒業できた)。
    • 卒論指導登録料2万、卒業試験審査料1万円は廃止となるが、増額分と比べると雀の涙程度。
  • 在学生には経過措置があり、2025年度までは年2万の増額のみ。このため2025年度までに何とかして卒業しようとする学生が多い。
    • 経過措置対象者は75期秋(2021年10月)入学までです。
  • 2022年度以降、これまで通学生しか利用できなかったメディアセンターの電子ジャーナルやデータベースの利用が通信生もできるようになる予定との事。2021年秋までに入学した人は2025年度までの経過措置の間は年額2万円増額で電子ジャーナルが利用可能になるのはメリットが大きいとも考えられる。
  • 放送授業は2022年度をもって終了し、2023年度からメディア授業に統合される予定。
  • 夏期スクーリングがⅡ期制(2020年度、2021年度)→Ⅲ期制に戻る。夏期スクーリング減少を受けて2020年度と2021年度に開講された春期週末スクーリングは廃止となる。

行事

  • 2022/03/03(木) 第Ⅰ回科目試験レポート提出締切
  • 2022/04/09(土),10(日) 第Ⅰ回科目試験
  • 2022/04/29(金) 入学式、入学オリエンテーション(三田)
  • 2022/05/07(土) 入学オリエンテーション(東京以外4都市)
  • 2022/05/26(木) 第Ⅱ回科目試験レポート提出締切
  • 2022/07/02(土),03(日) 第Ⅱ回科目試験
  • 2022/08/07(日) 夏期オリエンテーション(日吉)
  • 2022/08/08(月)~08/13(土) 夏期スクーリング第Ⅰ期(日吉)
  • 2022/08/15(月)~08/20(土) 夏期スクーリング第Ⅱ期(日吉)
  • 2022/08/22(月)~08/27(土) 夏期スクーリング第Ⅲ期(三田)
  • 2022/10/03(月)~01/06(金) 夜間スクーリング(三田?)
  • 2022/09/01(木) 第Ⅲ回科目試験レポート提出締切
  • 2022/10/08(土),09(日) 第Ⅲ回科目試験
  • 2022/10/15(土)~10/30(日) 秋期週末スクーリング(三田?)
  • 2022/11/05(土) 秋期オリエンテーション(三田)
  • 2022/11/12(土) 秋期オリエンテーション(東京以外5都市)
  • 2022/11/24(木) 第Ⅳ回科目試験レポート提出締切
  • 2023/01/14(土),15(日) 第Ⅳ回科目試験

過去の行事

過去の行事は別ページです

注意(ニューズレター2021年7月号より)

  • SNS上で他人を傷つけたり人権を侵害するような発言は、匿名や限られた仲間内であっても許されるものではなく、場合によっては法的責任を問われることがあります。自分の発言には責任が伴うことを十分自覚してください。
  • レポートや試験に関し、次のような事実が確認されています。
    • レポートの模範解答や過去の試験問題がインターネット上で売買されている。
    • インターネット(特にSNS上)でレポートや試験問題の解答を求める書き込みがなされている。
    • インターネット上で自らのレポートや試験問題の解答を公開し、他者に提供している。
  • 教員が作成したレポート課題を無断で公開、販売することは、著作権の侵害に該当するおそれがあります。また、上記売買やインターネット上でのやりとりを通じて入手した内容の大半を引用して提出することは、学習の成果としてのレポートの意義を著しく低下させます。これらは剽窃等の不正行為に該当し、通信教育部学則第80条に規定する「学生としての本文にもとる行為」と認定され処分の対象となる場合がありますので、絶対にやめてください。
    • ※そもそもレポートを自分の力で書けないようでは、慶應通信の卒業は難しいでしょう。
  • 出願時の志望理由書をインターネットで公開したり、志願者に対する有料の添削サービスを行っている者がいるとの報告も受けております。こうした行為は・・・絶対にやめてください。
    • 最悪の場合、不正行為として処分(もっとも重いものは退学)が課されます。
    • ※理由書が書けないなら、入学は控えたほうが良いです。
    • ※「2022年入学から学費が大幅増になるから、2021年秋入学が学費が安くなる最後のチャンス」と煽って理由書の有料添削や有料サロンへの勧誘が激しくなることが考えられますが、そういったものはきっぱりと無視するようにしましょう。

リンク

慶應義塾大学通信課程公式サイト

total:62711 today:42