スクーリング情報

Top/スクーリング情報

スクーリング全般

  • スクーリングは学友と出会える数少ないチャンスです。活用しましょう。
  • 通学過程と同じ先生が講義してくださいます。特に夏期スクーリングは6日間の集中講義で、学生はもちろん先生にも負担が大きいです。この日のために遠くからきてくださっている先生もいます。感謝して受講しましょう。
  • 出席して試験を受ければ、ほぼ単位が来る。先生たちはやさしい。

2019年度

夏期スクーリング

医事法

  • 平野美紀先生
  • レポート ★★☆☆☆
  • 試験 ★★★☆☆

香川からはるばるいらっしゃった先生。オランダに留学した経験があり、超個人的現実主義なオランダと同調圧力の強い日本の比較は示唆に富んでいた。医療に法律が全然追いついていないこと、安楽死や出生前診断など法律を通して生と死をどう扱えばいいのか、精神医療にかかわる法律などなど盛り沢山な講義で、試験も分量が多かった。遠方から通っている人が多いことへの配慮もしてくださった。非常に良い講義でした。ありがとうございました。

週末スクーリング

国際法

  • 尹仁河先生
  • レポート なし
  • 試験 ★★★☆☆

2020年度のEスクになると思われる。国際法の主体や国家承認、国際責任などの基本事項に加えて難民・環境法・国際司法裁判所・紛争解決など多種多様な内容を扱い、外務省や国連のサイトの検索方法も教えてくれたり、印象深い参考動画も見せていただけた。とてもやさしそうな尹先生にはファンが多く、尹先生だからという理由でこの授業を取っている人や、授業を機に国際法に興味を持ち、卒論も国際法にしようかなと考えている人もいる。テキスト科目の国際法I・IIとの親和性も高い。なお、国際法IIは尹先生が添削しているとのこと。試験は事前に問題を教えてくれたが、記述量が非常に多く高得点を取るのが難しかった。通学過程の尹ゼミへのリンク

  • 指定テキスト大森正仁『よくわかる国際法』はよくわからなくて辛い。各項目を2Pに強引にまとめているため、全体的に記述が薄い。有斐閣アルマ『国際法』が授業とテキストの間を埋める参考書として最適か。参考文献とされているが、有斐閣『国際条約集』は必須。
  • 一度時間を10分オーバーしたとき「皆さんが一生懸命聞いてくださるので時間を忘れて話してしまいました」
  • 最終日「こんなにもたくさんの皆さんが残っていただいてとてもうれしいです」

夜間スクーリング

E-スクーリング

2020年度

E-スクーリング

  • 2020年度からE-スクーリングは春期と秋期の2回になった。

統計学

なんとテキスト科目のテキストをそのまま使用するという、非常にリーズナブルな授業。でもexcel必須だからやっぱりお金かかる。単位も半分と、テキスト統計学の短縮版と思われる。

コメント

コメントはありません。 Comments/スクーリング情報?

お名前:

投稿用

wikiの編集方法が分からない方はこちらに書き込んでください。管理人が随時記事の方に移動します。